FX取引を行う際に大切な事

FXは人気のある金融商品で、多くの投資家が取引きを行っていますが、その目的はやはり「資産を増やしていく」という事にあると思います。
もちろん、簡単に資産が増やせればこれほどに苦労はしないのですが、多くの投資取引がそうであるようにFXもまた、利益と損失が常に隣りあわせとなっているために、利益を求めることが、そのまま損失を招くことにもつながっていきます。

FXでは、通貨に新規注文を入れて売買し、通貨を保持した状態を作ります。これを「ポジション」といい、このポジションに為替レートの評価損益が発生し、それに決済注文を入れてポジションを解消することで、利益や損失を確定させていきます。

つまり、FXでは、このポジションを持っている状態が一番にリスクが高いのです。
こうした事から、FXの取引きをより成功させるためには、このポジションをいかに効率よく取って、無駄なポジションを避けるか、という事が関わってきます。

投資に慣れてきた中級者は、とくにポジションを無駄に持つ傾向があります。
これは、ある程度の相場を分析できるようになり、自分で思っている方法で利益を上げることができるようになってきたからで、色々な投資スタイルを試して、より効率の良い方法を探そうという興味や好奇心、そして自分の力で利益を上げる方法を持っているという自信から、損失に対する恐怖感も薄くなっており、どんどんと通貨ポジションを大きくしたり長く保持したりするようになってくるのです。
FXが投資取引としてではなく、ある種のゲームのような感覚になり、危機感がマヒして信じられないような巨額の損失を背負い込むのもこのころです。

こうした中級者が、万が一大きな損失を背負ってしまった場合が、実は一番に悪い方向へと進んでいってしまいます。

大きな損失を背負うと、一度は大きく落胆します。しかし、自分の能力に過信があるために、この損失を取り戻そうとしてより大きな、リスクの高い取引きを求めるようになっていきます。
本来であれば、落胆した状態で一旦投資から離れ、精神状態の安定化を図るべきであり、そうなる投資家もいるのですが、中にはそれを跳ね除けて、自分の実力を過信して前に進んでいってしまう投資家もいるのです。

もちろん、こうした心理状態の取引きが上手くいくはずがありません。
眼の前のある明らかなリスクを過小評価し、大きなリターンでそれを乗り越えてリカバリーをする、という心の動きに引きずられてしまいます。
この心理に入れば、後ろに引いて諦めるという選択は無くなってしまうために、失敗を何度も重ねてしまったり致命的なリスクを負ったとしても、自分におかれた状況が見えなくなってしまい、ついには取り返しのつかない損失の山を作り上げて、戻ってくることができなくなってしまうのです。

こうした心理に投資家を追い込みやすい相場が、実は存在します。これは「ボックス相場」や「レンジ相場」と呼ばれるもので、上値と下値のある程度決まった範囲内を、為替レートが行ったり来たりする、停滞した相場のことをさします。

一見して値動きが安定して推移しているように見えるために、簡単に利益が上げられそうに見えるのですが、変動が非常に浮遊的でこのレートを捉えて利益を上げることは、実は相当に難しいのです。

このような相場に出会った場合には、まずは投資を行わないことが無難です。
もし投資をして失敗をしたとしても、それを取り戻そうとは考えず、相場の流れが変わるまではじっと静観する精神力が必要です。

もしこうした相場をみて心がうごいたり、損失を取り戻そうと投資を行っている、と気が付いた時は一度投資を止めてしまいましょう。
そうすれば、精神状態を落ち着かせる時間が作ることができますし、なにしろポジションを持たなければ損失が生まれることはないのです。
















































All Rights Reserved. FXJPWEB.com